名古屋一人暮らしの楽しみ方

南向きのベランダには、プランターを置くスペースがあります。
これを利用して、ベランダ菜園をしてみると、生活にもっと楽しみが増します。
一人暮らしの場合は特にそうですが、自分一人だけ食べる分の野菜が、そのプランターから収穫出来ると思えば、ベランダサイズの農業も体験でき、忘れがちな水遣りや肥料にも気を配り、生活にも張りが出てくるでしょう。
育てやすいものは、きゅうり・ナス・ミニトマト・二十日大根といったものです。
これだけあれば、わざわざ買ってくることなくサラダが作れます。
そして、ツタ系の野菜、例えばゴーヤや、きゅうりなどは、ベランダにその蔦を這わせることによって、目隠しが出来ます。
わざわざ衝立を買う必要もなく、そして野菜は収穫でき、それは一石二鳥の役割を果たします。
そればかりではなく、夏の暑い日射しを遮る効果もあります。
勿論ガーデニングもいいのですが、ベランダで菜園を作ることは、あとで食べる楽しみがもうひとつ加わります。