名古屋出身の柴田勝家

戦国時代の武将、柴田勝家は名古屋出身の有名人です。
勝家は大永2年に現在の名古屋市名東区で誕生しました。
なお、生年には異説もあります。
柴田勝義の子だと言われていますが、詳しいことはわかっていません。
織田信秀に仕えていた勝家は、天文20年に信秀が死去して以降は、その子である織田信勝に仕えました。
天文22年に起きた萱津の戦いでは、大将として活躍しました。
勝家は信勝に信秀の跡を継がせるべく、信勝の兄である信秀を排除しようとしました。
しかし失敗して降伏しました。
これを稲生の戦いと言います。
信勝が死んだ後、勝家は信長の家臣となります。
元亀2年に長島一向一揆の鎮圧に赴くのですが、負傷してしまい氏家卜全と交代しました。
本能寺の変で信長が死んだ後、勝家は信孝を後継者にしようとします。
しかし、秀吉が推薦する織田秀信が家督を相続することになりました。
勝家は秀吉と戦うのですが、天正11年に秀吉に敗れ、自害しました。